外注費を下げてコスト削減する方法

コスト削減のために外注費を適正に抑える

アウトソーシングをされている会社さんで、外注費の削減を考えるのは当たり前の事です。

しかし、どうやって外注費を削減するか、正しいコスト削減方法を検討されている会社様が少ないように思います。
同じ業務を外注パートナーに依頼して、理由もなく大幅にコスト削減をするのは難しいことかと思います。
外注費のコスト削減には、正しい順序で、ロジカルに交渉していく必要があるのです。

成功工房が考える外注費用の削減方法は大きく下記4つになります。

外注費の削減方法

削減方法①:分かりやすい指示を出してコスト削減

たったこれだけで外注費を下げてコスト削減出来ることが多々あります。
今まで、成功工房がお手伝いしてきた中で一番効果がある方法です。

「クライアントからの指示を読み解くだけで、時間がかかる!」これはよく聞く意見です。
指示を出す側がもう少しだけ丁寧に指示を出してあげれば済むことです。
確かに、修正指示を出すことも手間がかかるのはとてもよく理解できます。
しかし、その少しの手間をケチらずに行うだけで、外注費用がグッと下がるのです。
コスト削減出来る、と思えば、面倒な指示を出すのも頑張れるのではないでしょうか?

 

削減方法②:無駄な作業をさせず、コスト削減

”修正を繰り返して、結局元に戻る”など、無駄な作業の話が外注パートナーからよく出てきます。

誰も幸せにならない作業をさせないだけで、コスト削減出来るの可能性が高いです。

当たり前ですが、修正指示を出したり、注文をしたりした時点で、外注パートナーは業務を行います。
それが結果的に不必要になっても、作業費用は請求されるのが当然です。
これが無くなるだけで、大きなコスト削減に成功する会社様もあると思います。
 

削減方法③:外注同士で競争してもらいコスト削減

不必要に無理をさせる価格競争が必要だとは思いませんが、ある程度、外注パートナー同士で競争してもらう必要はあると考えます。
「値下げ!値下げ!」と叫ぶのではなく、他の外注パートナーは〇〇円くらいでやってくれている、等、ウソではなく自社としての相場をしっかりと伝え、外注パートナー通しで見えない競争をしてもらうのも良いのではないでしょうか?
 

削減方法④:納得がいく値下げ依頼でコスト削減

「今回予算がないから値引きして!」は外注パートナーが最も納得出来ない外注費用削減の交渉です。
そう言った納得出来ない理由での値下げ依頼ではなく、

  • 今回は〇〇のクオリティが足りなかったから
  • 予定通りのスケジュールで進まなかったから
  • 当初の提案と少し違うから
  • など、しっかりと納得が出来るコストダウン理由を伝えて外注費用を交渉すると良いかと思います。

     

    コストを削減をする仕組みをご提案

    成功工房は

    コスト削減をする仕組みをご提案・運用する会社です。

    少しでも
    外注費を下げることでのコスト削減
    にご興味がある会社様はご連絡ください。
    電話:03-6264-8343