外注管理の方法、どうしてますか?

外注管理をどのような方法行っていますでしょうか?

各担当者様が独自に行なっている・管理していない等、色々なパターンがあるかと思います。

パートナーに外注する時に、適正な金額で発注できてますでしょうか?
満足が行くクオリティの納品をしてもらえてるでしょか?

成功工房の外注管理の方法は

・クオリティを上げる
・コストを下げる
・良いパートナーを集める

の3点に注目しております。

①外注管理の方法を工夫してクオリティを上げる

外注管理でクオリティがなぜ上がるのでしょうか?
管理部署が、一定の基準を持ってロジカルにパートナーに指摘・オーダーをすることで、パートナー側も納得感を持って認識の改善・スキルの向上に向かうことが出来ます。

②外注管理の方法を工夫してコストを下げる

外注管理にコストをかけても、トータルコストは下がります。
今まで不必要に過剰に支払っていたコストを見直します。
中立な立場で判断をし、必要な外注費用をきちんと判断し、支払いコストをコントロールします。
適正なコストに収めることで、結果的に年間の外注費用が下がる事が多いようです。

③外注管理の方法を工夫して良いパートナーを集める

外注を一元管理することで全体像が見え、どのようなスキルを持った人材がどの程度必要か?を判断できます。
その結果、必要なパートナーのスキルが明確になり、パートナー集めが効率的になります。

外注管理をすることで、アウトソーシングがうまくいくことは間違いありません。
成功工房は、これまでの「アウトソーシング一元管理」の経験・ノウハウで皆様の外注管理の方法をご提案します。

外注の管理方法に興味がある会社様のご連絡お待ちしております。
03-6264-8343 または、こちらから